梅雨 うねり対策

梅雨でも大丈夫!髪のうねりを抑える方法

 

いつもの髪が、ストレートでキレイな髪でも、
梅雨になると気になってくるのが髪のうねり。

 

 

 

梅雨の時期出かける前は大丈夫だとしても、
湿気の多い外に出ると、
ものの30分〜1時間ほどで髪にうねりが出てきて、
髪全体がボリュームアップしてしまうことありますよね・・・

 

 

 

梅雨の時期でもストレートヘアや、
綺麗な巻き髪を楽しみたいのに、
うねりが気になって、
仕方なく梅雨の間ずっとまとめ髪になってしまう。

 

という女性が多いのではないでしょうか?

 

この梅雨のうねりが解消できたら、
もっと梅雨の時期のヘアアレンジが楽になりますよね。

 

◎梅雨に髪がうねる原因と対策

 

梅雨などの湿気が多い時期に、
髪がうねってしまう原因として、
髪の傷みで、はがれてしまったキューティクルから
水分を吸い込んでしまうということが考えられます。

 

パーマやカラー、ヘアアイロンなどにより、
髪が傷んでキューティクルがはがれてしまうと、
もともとくせ毛ではない女性でも
うねりやボリュームが出てきてしまうんです。

 

なので、うねりの対策には
髪をなるべく傷ませないことが大切です。

 

ただ、ヘアアレンジする女性にとって
コテやアイロン、パーマやカラーだって必要ですよね。
そんな女性のために、
髪の毛のおしゃれは続けながらダメージケアもできる、
うねり対策の方法をご紹介します。

 

☆髪を洗ったら必ずドライヤーで完全に乾かす

 

 

 

髪を洗ったあと、なかなか乾かさなかったり、
自然乾燥をしてしまったり、半乾きのままにしていませんか?

 

ロングヘアや、夏だと暑くてドライヤーで乾かすのが面倒くさいと思うのも
よくわかりますが、
ドライヤーできちんと乾かさないことが、
1番の髪の傷みとうねりの原因になるんです。
根本まで完全に乾かすことが大切です。

 

ドライヤーで乾かす前に、
しっかりとタオルドライすることで、
乾かす時間を短縮できます♪

 

☆ブラッシングをよくする

 

 

 

お出かけの際、
ハンドバッグにヘアブラシは入っていますか?
日頃からよくブラッシングをすることで、
髪全体に空気が入り込み
湿気が髪に溜まりこんでしまうのを防ぐことができます。

 

毎日ブラッシングするブラシは良いものを使うのがおすすめ!
静電気や枝毛を防いでくれる、木製のブラシが最適です♪

 

⇒髪が広がらない!4つの基本対策