髪の毛 広がる

もう怖くない!梅雨に髪が広がらない方法

 

 

 

女性の髪の敵ともいえる梅雨。

 

湿気が多い時期なので、
髪のうねりや髪の広がりが気になりますよね。

 

髪が梅雨のせいで思い通りにならないと
1日憂鬱な気分になってしまう女性も多いとおもいます。

 

少しでも梅雨の湿気の多さで、
髪のトラブルが減らせる方法をご紹介します。

 

が広がってしまう原因とその抑え方!

 

梅雨に髪の広がりが気になっている女性の多くは、
髪の傷みが原因だと考えられます。

 

髪が傷むとキューティクルがはがれます。

 

湿気の多い梅雨の時期になると、
キューティクルのはがれた部分から水分を取り込んでしまい、
髪が広がってしまうんです。

 

なので、日頃から髪が傷まないように
ヘアケアすることが梅雨に髪の広がりを抑える方法となります!

 

オススメしたいヘアケアは、

 

@髪を完全に乾かすこと。

 

 

 

ロングヘアだと、ついつい半乾きの状態で寝てしまったり、
乾かすのに時間がかかりますよね。

 

だからといって、
ドライヤーで髪を乾かすのが面倒になってしまっていませんか?

 

髪に水分が残ったまま放置して自然乾燥になってしまうと、
キューティクルがはがれる原因となります。

 

タオルドライまたはキッチンペーパーで水気をふき取ると、
ドライヤーの時間を短縮できますよ♪

 

Aトリートメントをつける

 

髪の広がりを抑えるために
トリートメントをつけるのも効果的です。

 

最近では美容院に行かなくても、
薬局なのでいろいろな種類のトリートメントが売られているので、
手が伸ばしやすいですよね。

 

最近では、洗い流さないトリートメント、
アウトバスケアというカテゴリーがありますよね。

 

付けるタイミングとして、
髪が半乾きの状態またはタオルドライの後につけると
トリートメントが浸透しやすいです。

 

Bブローをする

 

髪をドライヤーで乾かすと、内側からやサイドからと、
色んな方向から風を当てるので、髪が広がりやすいんです。

 

なので、乾かしたあと
ブローをして、髪1本1本を
同じ方向にブローすることで、
髪の広がりを抑えることができます。

 

⇒木製ブラシがうねり対策になる?

 

Cブローの後、冷風を当てる

 

ブローで髪の広がりを抑え、
髪が温まっている状態で冷風を当てることで、
ブローによってまっすぐになった髪を朝までキープしてくれます。

 

さらに冷風を当てることで、
キューティクルがはがれてしまうのも予防してくれる
効果も期待できます♪

 

いかがでしたか?
ドライヤーやブローの後冷風をするというのは
とても簡単なので、すぐに実践できますよね。

 

どれを試しても、
改善しないのであれば、あなたが使っているシャンプーに
問題があるかもしれません。

 

髪がうねるのはシャンプーが原因?